parent_trans

理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター RIKEN Center for Life Science Technologies

トピックス一覧

  • 研究成果

    CLSTから発表された最新の研究成果をご紹介します。
  • おしらせ

    受賞や協定の締結など、CLSTからのお知らせを掲載します。
  • イベント

    セミナーやシンポジウムなど、各種イベントをご紹介します。

一般の方へ

一人でも多くの方にCLSTの研究を知っていただくために、4つのコンテンツを集めました。
「読む」では研究者のインタビューや講演録などの記事を、「視聴する」では動画をご覧いただけます。「会いに行く」では、実際に研究者と会って話せるイベントをご案内します。「勉強する」は、研究内容をもっと深く知りたい方向けのコンテンツです。
  • 読む
  • 会いに行く
  • 視聴する
  • 勉強する

イベント

 

[10月12日] 理研CLST-JEOL連携センターシンポジウム: 革新的分析・診断機器開発のためのプラットフォームの構築

[日時] 

2017年10月12日(木)

[時間] 

13:00~17:30

[場所] 

時事通信ホール 
東京都中央区銀座5-15-8
都営大江戸線築地市場駅(A3出口)から徒歩4分


東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線銀座駅から徒歩7分

 

 

 

[主催]

日本電子株式会社、株式会社JEOL RESONANCE理化学研究所

[後援] NMR共用プラットフォーム

 

[参加費] 無料(懇親会は有料)

・閉会後 懇親会を予定(17:45〜 会費4000円)
*定員に達したため懇親会登録は終了いたしました

[概要] 

理研CLST-JEOL連携センターは、産業界との連携センター制度により、CLSTと日本電子株式会社の 両者の強みを生かした組織として開設されました。本連携センターでは、高感度・高分解能を有する固体NMR解析法の確立と、1.2~1.3 GHz級の世界最高磁場NMRの研究開発に加え、PET(陽電子放射断層画像法)やMRI(磁気共鳴画像法)などによる 個体・臓器レベルのイメージングと組織・細胞・細胞小器官レベルの光学/電子顕微鏡観察を組み合わせる4Dスーパーマルチモダル・イメージング技術 の開発に取り組んでおります。今回のシンポジウムでは、これらの活用技術とアプリケーション基盤を中心に各種最新の研究を発表いたします。

参加お申し込みは画面下の登録フォームよりご登録ください

受付は終了しました。当日参加も可能ですので直接会場にお越しください。

[プログラム(今後変更の可能性がございます) ] 

13:00~13:05 開会の辞

藤田 明博

(理化学研究所 産業連携本部長)

13:05~13:15 挨拶

栗原 権右衛門

(日本電子株式会社 (JEOL Ltd.) 代表取締役社長)

13:15~13:25 来賓ご挨拶

 信濃 正範

(文部科学省 審議官(科学技術・学術政策局担当)

13:25~13:35 連携センター概要

渡辺 恭良

(ライフサイエンス技術基盤研究センター センター長、
理研CLST-JEOL連携センター 連携センター長)

 

 (第1部)マルチモダル微細構造解析  

座長:須賀 三雄 (日本電子株式会社 経営戦略室 副室長)

13:35~14:05  

「前駆細胞のマルチモダルイメージング研究と電子顕微鏡画像のビッグデータ化」

片岡 洋祐

(理研CLST-JEOL連携センター 
マルチモダル微細構造解析ユニット ユニットリーダー)

14:05~14:35  

後根神経節の微細構造を 3次元で観る!

山田 久夫

(関西医科大学医学部 解剖学第一講座 教授)

14:35~15:05  

「認知症病態のミクロとマクロをつなぐ生体PET・MRI・蛍光イメージング」

樋口 真人

(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
放射線医学総合研究所 脳機能イメージング研究部 チームリーダー)

15:05~15:20 休憩  
 

(第2部)固体NMR技術開発・超高磁場NMR実用化  

座長:前田 秀明(ライフサイエンス技術基盤研究センター NMR施設 施設長) 

15:20~15:50  

「Ultrafast MAS solid-state NMR at natural abundance」

西山 裕介

(理研CLST-JEOL連携センター 
固体NMR技術開発ユニット ユニットリーダー)

15:50~16:20   

「Proton NMR of Solids - A Dream Comes True!」

Ayyalusamy Ramamoorthy

Robert W. Parry Collegiate Professor of Chemistry and Biophysics,
University of Michigan)

16:20~16:50  

高温超伝導コイル技術の進展と超高磁場NMR磁石開発の戦略

柳澤 吉紀

(理研CLST-JEOL連携センター  
超高磁場NMR実用化ユニット ユニットリーダー)

16:50~17:20  
「超高磁場NMRマグネットの開発」
濱田 衞

(ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー株式会社
常務取締役、CTO

17:20~17:30 閉会の辞

田澤 豊彦

日本電子株式会社 (JEOL Ltd.) 取締役兼常務執行役員

 閉会後 懇親会を予定(17:45〜 会費4000円 :受付は終了しました)

 

[言語] 

日本語(一部英語)